書籍一覧

Home

Category

腎臓・透析

透析室検査マニュアル

透析室検査マニュアル

電子書籍はこちら

検査データの正確な解釈のためのマニュアルとして検査項目107項目を収載。さらに透析・腎臓関連学会の診療ガイドラインや話題の医薬品をとりあげ簡潔に記述し収載。

最新の透析室検査  診療ガイドラインに基づく 2008→2009

最新の透析室検査  診療ガイドラインに基づく 2008→2009

透析患者の病態の把握と的確な治療・指導には検査データの正確な解釈が必要です。

本書は合併症の予防・管理,QOLの改善に役立つ検査ガイドです。

よくわかる透析ライフQ&A141

よくわかる透析ライフQ&A141

電子書籍はこちら

腎臓と病気、腎不全の治療、透析のしくみ、透析と合併症、透析と検査・薬、透析食、手術、移植など、 透析生活に関する疑問を141のQ&Aにして具体的に解説。

読者対象は透析患者さん、透析室勤務の医療スタッフ。

アメリカで透析と腎移植に生涯を捧ぐ

アメリカで透析と腎移植に生涯を捧ぐ

推薦のことば

アメリカにおけるドクターとしてのあり方、完成された内科医の道、専門分野での業績、人々とのおつき合いなど、 中元覚先生の所属されているクリーブランド・クリニックを通して、常に前進的な生き方を拝見しました。

付録のアメリカの医学教育と医療の現状も貴重な資料となっております。

透析や腎移植に関心のある方々、とくにアメリカでレジデントを希望する若い医師には時代を超えて必読の書としてお薦めしたい。(元東京大学教授 稲生綱政)

透析患者と動脈硬化

透析患者と動脈硬化

透析患者の動脈硬化に関する諸問題を一括して取り上げた初の成書として、動脈硬化に起因する合併症の対症のよりよき道標になるべく企画された。

透析室勤務の医師、コメディカルスタッフに必携の書。動脈硬化について感心をもたれている医療関係者

腎臓病学への招待

腎臓病学への招待

腎臓病学に関心がある、あるいは専門にしたい学生・研修医必読の腎臓病入門の参考書

腎臓の生理や病理のポイントを的確に把握することに力点をおき、臨床領域についても、疾患を系統的に把握することに力点をおいている。

内容目次:腎生理、血尿・蛋白尿の調べ方と出現の謎、腎病理、原発性腎疾患、二次性腎疾患

透析室検査ガイド

透析室検査ガイド

保険点数が認められている検査項目の中から透析患者において測定する100項目を厳選簡潔に解説

透析患者の病態を把握し的確な薬物治療、透析、看護、生活指導を行うための検査データを網羅するとともに正確な解釈を加えた。

透析室勤務の医師、技師、看護婦などのコメディカルスタッフに必携の書

東京透析物語

東京透析物語

透析患者さんの体験談をインタビュー、アンケートで経過、症状、仕事、家庭、家事、家族の問題、生活上の工夫、心のもちかた、家族への想いなどを紹介。