JMPマガジン

Home

JMP Magazine

JMPマガジン42

がん医療の質に挑むDPC時代のチャレンジ

がん医療の質に挑むDPC時代のチャレンジ

DPC(診断郡分類別包括評価)環境下でコストを抑えながら医療の質の維持、向上にチャレンジ

電子書籍はこちら

米国グローバルヘルス研究所が2007年11月、≪DPC環境下におけるがん医療≫をテーマに開催したシンポジウムでの発表を一冊にまとめた。

目次

  1. 基調講演 アメリカの医療における質の向上 メイヨークリニック Drリチャード・ジマーマン
  2. 日本のがん医療の現場から
    1. 電子カルテシステムを利用した医療の質の評価 聖路加国際病院 中村 清吾
    2. 笑顔とチームワーク、そしてIT化によって、心と体に優しいがん医療を提供 千葉献眼センター 竜 崇正
    3. がんの社会学−DPC時代の次に何がくるのか? 静岡県立がんセンター 山口 健
  3. がん医療の実証分析 DPC実証分析から見る医療の質
    1. 電子カルテシステムを利用した医療の質の評価 グローバルヘルス研究所 渡辺 幸子

病院経営陣、医療職、事務職幹部、DPC導入担当者に。